自動運転の車の保険、東京海上が初めての保険を開発。

東京海上日動火災保険が自動運転の車の事故を保険金の支払い対象に加えることを発表しました。
自動運転の車が開発されました。東京海上日動社が2017年に発売予定。

自動運転による事故に備えられる自動車保険は国内初です。

自動車保険は、運転者に過失がない場合には保険金の支払いが受けられないものでしたが、自動車保険の全契約者に無料の特約として支払い対象にすることにより自動運転による事故にも対応できるようになります。

自動車を運転する契約者にとってはとても良いニュースですね。
自動運転の自動車の開発は進んでおり、自動車事故の減少が期待されています。
しかし、システム異常などで事故が全く起きないというわけではありません。
もし自動運転で事故が起きた場合、現在の自動車保険では、自動車メーカーなどに損害賠償請求をする必要が生じ、被害者の負担が大きいものとなってしまいます。

安全運転のために自動運転の自動車を利用していたにも関わらず、自動車の不具合によって事故が生じ、その事後処理に手を煩わせるのは何とも納得がいかないのではないでしょうか。
自動車保険の支払い対象になれば、契約者の負担はかなり軽減されると思います。

自動運転の車の保険、今後も開発が続く見込み

東京海上日動火災保険では、自動運転のシステム不具合による制御不能になった車の急発進、急停止、突然の進路変更などに起因する事故を想定しています。
その中でも、レベル4の完全に運転操作が自動化される場合以外は補償対象とする方針となっています。
何かしら運転者が対応するものがあれば支払い対象になるというわけです。

現状では、レベル4は実用化に至っていませんので、現在の自動運転の自動車に関しては自動車保険の対象になってきます。

将来、完全に運転操作が自動化された場合には、きっと新たな補償が検討・開発されていくのではないかと思います。
高齢者の自動車事故が頻発しており、自動運転の自動車の普及は進んでいくことが予想されます。
東京海上日動火災保険以外の保険会社でも、今後、自動運転の自動車の事故に対応した保険が販売されていくことでしょう。
自動運転だからと言って大丈夫と過信するのではなく、絶えず運転者は安全運転を心掛けることも大切だと思います。

システム起因の事故補償=「自動運転」保険を発表―東京海上日動

 東京海上日動火災保険は8日、自動運転の車の事故を保険金の支払い対象に加えると発表した。システム異常などによる事故をカバーする。自動車保険の全契約者に無料の特約として提供し、2017年4月以降の契約から適用する。自動運転による事故に備える保険は国内では初めて。

 現在の自動車保険では、運転者に過失がない場合、保険金の支払いが受けられない。自動運転で事故が発生すると、自動車メーカーなどに損害賠償請求をする必要があり、被害者の負担が大きい。通常の事故よりも原因や責任の特定に時間がかかると想定されるため、補償対象に加えることで、「被害者を迅速に救済できる」(東京海上日動)という。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA