日本生命が再び生命保険業界トップに返り咲き

日本生命保険が2016年3月期決算で、売上高に相当する保険料等収入が第一生命保険を上回り、生保業界首位の座を奪還しました。

2015年3月に第一生命保険が首位になった際には、衝撃的でした。
王者日生が首位の座を奪われることを想像したことがなかったからです。
第一生命保険は銀行の窓口販売などにも力を入れ、新しいマーケット開拓が成功したことが大きかったと思います。
日本生命保険は危機感を覚え、この1年は巻き返しに力を注いだことは容易に想像できます。
今回の首位奪還は、三井生命保険の買収が大きく作用しているのではないでしょうか。三井生命保険による上積み効果がなければ、第一生命保険を上回ることができたかどうかは首を傾げます。
大口の団体年金の受託があったことも保険料等収入の増加につながってはいますが、今後、マイナス金利になったこともあり団体年金の運用に頭を痛めないとも限りません。

保険料等収入が伸びることは、保険会社にとっては良いことかもしれません。
しかし、契約者にとっては、安心・安定した事業内容で健全な経営、良い保障内容で安い保険料での保険商品を提供されることが望みだと思います。
そういう契約者のニーズに応える努力をしてこそ、契約者の増加になり、保険料等収入の増加にも繋がってくるのではないでしょうか。
是非、生命保険会社には、目先の売上高だけを競うのではなく、商品開発力や顧客サービスなどでも大いに競い合って欲しいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA