自転車保険、加入は必ずしておこう

6月より改正道路交通法が施行され、危険な自転車運転を繰り返した場合には安全講習が義務付けられました。
そうは言っても、街中ではまだまだ危険な運転行為を目にすることもあります。
自転車運転は免許が必要ありませんので、誰でも簡単に運転することができる反面、道路交通法を知識として学ぶ機会が少ないですよね。

自転車は道路交通法上、「軽車両」にあたり、法律違反を起こせば刑事上の責任を問われ、相手にケガをさせた場合には民事上の損害賠償責任も生じます。
この損害賠償額が高額になるケースもあるのです。
そこで、最近注目されているのが自転車事故に対する保険です。

兵庫県のように加入を義務づける自治体も出始め、企業によっても加入を義務づけるところもあるようです。
今後、この傾向は強まるのではないでしょうか。

既に個人賠償保険に加入している人は、それで補償されるので他に契約をする必要はありません。

また、手軽に入れる自転車保険も増えてきているので、気になる人は調べてみるといいと思います。
コンビニエンスストアで加入できたり、スマートフォンから加入できたりもするのです。
保険加入の方法も時代と共に色々なチャネルがあり、本当に便利になったと思います。

保険加入を検討することも大切ですが、先ずは子供が自転車に興味を持ったら、乗り方を教えるのと同時にマナーや規則もしっかりと教えるのが大切ですよね。
子供は親の姿を見ていますから、先ずは、大人がマナーやルールをしっかり守って、快適な自転車ライフを送る必要もあるのではないでしょうか。

自転車も自動車と同じように、便利である反面、間違えれば凶器にもなりえることを決して忘れてはならないと思います。

~~~~◇◆◇◆~~~~◇◆◇◆~~~~◇◆◇◆~~~~◇◆◇◆~~~~

自転車事故 保険で備え 自治体、契約を後押し

 初夏は絶好のサイクリングシーズン。通勤や通学に自転車を利用する人も増えている。だが走る速度が増せば、事故の危険性も高まる。そこで役に立つのが自転車保険だ。最近は加害者に高額賠償を命じる判決が目立つほか、兵庫県では自転車の購入者に保険加入を求める条例が今秋に施行される。既存の保険に付ける特約だけでなく、スマートフォン(スマホ)やコンビニエンスストアで手軽に申し込める保険も充実してきた。もしもの備えとして確認しておきたい。

 子供から大人まで気軽に乗れる自転車。日本サイクリング協会(東京・品川)によると、国内で登録されている自転車の総数は約7000万台に上り、日本の総人口の半分以上が利用している計算だ。

 それだけに、交通事故も多い。警察庁の調べでは、2014年に発生した交通事故のうち、自転車が関係する事故の割合が約2割を占めている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA